オークランド

ニュージーランドの北島に位置するオークランドは、人口約160万人(2018年6月現在)の国内最大の都市です。オークランドは2つの美しい港の間に位置する狭い地域にあり、世界で最も住みやすい都市第3位に選ばれています(2016年マーサー・クオリティ・オブ・リビング調査)。自然の素晴らしさと都会の魅力がほどよく混じりあったこの都市は、人口1人当たりのレクリエーションボート所有率が世界一であるため、「セーリングの街」と呼ばれています。

多様で多文化の都市であるオークランドは、世界一ポリネシア人が多い場所です。オークランドの マオリ語名はTāmaki (発音はTāmaki(発音は[ˈtaːmaki]) 、ターマキ)またはTāmaki-makau-rau, (ターマキ・マカウ・ラウ)で、その意味は「百人の恋人たちのターマキ」であり、全方向に流れる水路の中心にある肥沃な土地であることに由来しています。そこは、森林に覆われた丘、生産性の高い火山性の土壌および魚介類が豊富な港など、多くの恵みを巡り争われた場所でした。

市中心部には、世界トップレベルのショッピング、食事、エンターテインメントのエリアがあります。デザイナーファッションのお買い物をし、港を見渡しながらの環太平洋地域のお料理に舌鼓を打ち、賑やかなウォーターフロント地区をお楽しみください。海に面した街ですので、数多くの海のレジャーや島での冒険もお楽しみいただけます。

市内のいたるところに文化があり、ミュージカル、お祭り、コンサート、国際的なスポーツなどの楽しいイベントも開催されています。市中心部から郊外にまでさまざまなレストランやエンターテインメントがあり、日中は素晴らしいショッピングとコーヒー、夜はディナーとお酒、ダンスが楽しめます。

観光

オークランドとその周辺の見どころについては、以下のとおりです。

  • 360度の眺めが楽しめるスカイタワー
  • ニュージーランドで一番高い所から飛び降りるスカイジャンプ
  • 街で一番高い火山のエデン山
  • セーリング、ジェットボート、カヤック、ハーバー・クルーズ、ドルフィン・サファリができるワイテマタ・ハーバー
  • ヨット(アメリカズカップで使われたヨットもある)やクルーズ船、その他あらゆる種類の船が取り囲み、上品な水辺のレストランやバーがあるヴァイアダクト・ハーバー
  • ポンソンビー、パーネル、ニューマーケット、カランガハペ・ロード(地元の通称「Kロード」)、ブリトマート地区などのショッピングエリア

市中心部以外の見どころは、以下のとおりです

  • ウエストブルック、マッドブリック、ストーニーリッジなどのワイナリー
  • 街からフェリーで30分弱のワイへケ島
  • 白い砂浜と港の眺めが素晴らしいミッション・ベイ
  • デボンポート・シーサイド・ビレッジ
Rafting
Wahike-Miles
6200-Britomart-Auckland-Camilla-Rutherford
Dlophin

総会の会場

コーディス・オークランド・ホテルは、有名なアッパークイーン・ストリート近くの素晴らしい場所にあり、賑やかなカランガハペ(K)・ロード沿いにはカラフルなカフェ、ブティック、デザイナー・アート・ギャラリーがあります。

ホテルの徒歩圏内に、オークランド博物館、スカイタワー、オークランド・アート・ギャラリーなどの市内で最も有名な見どころがあります。また、歴史あるパーネル、ポンソンビー、ニューマーケット地区はおしゃれなショッピングや食事のできるエリアです。

ホテルの住所は以下のとおりです。

Cordis Auckland
83 Symonds Street

Auckland 1010
New Zealand
http://www.cordishotels.com/en/auckland/

CDAKL_Exterior_Daytime_2018_lores

空港およびホテルまでの交通手段

オークランド国際空港は同国で最大かつ最も便数の多い空港であり、多くの国際線・国内線が運航しています。当空港は市中心部から20km南のマンジェル郊外にあります。

空港からホテルまでは約18.5kmあり、いくつかの交通手段があります。オークランド国際空港のホームページには、空港から市中心部への(その逆ルートも)交通手段についての非常に便利なセクションがあります。

当該情報については、こちらでご覧いただけます。

タクシー

空港からホテルまでのタクシー料金はおよそ85~95NZドル(60~70米ドル) で、所要時間は交通事情によりますが約30分です。タクシー乗り場は国際線ターミナル到着エリア(8番ドア)の外側、および国内線ターミナルのジェットスター前広場の外側にあります。空港から市中心部までの移動には、交通量の最も多い時間帯にはかなりの時間がかかります。

スカイバス

スカイバスはオークランド国際空港から運行している空港と市街地を結ぶバスサービスです。スカイバスはオークランド国際空港の国内線・国際線ターミナルの両方に停まります。国際線ターミナルへのサービスは24時間運行しています。国内線ターミナルへのサービスは最終便の到着まで運行しています。空港から市街地までは約40分~60分かかります。

スカイバスのチケット料金は、以下のとおりです。

個人・当日券

  • 大人片道 19 NZドル
  • 大人往復 36 NZドル

または、割引価格でのオンライン予約、および時刻表や最寄りの停留所の情報は、こちらをご覧ください。
<http://www.skybus.co.nz>

空港で、オークランド・シティ・エクスプレスのMt Eden Road route #01便をご利用ください。コーディス・ホテルに一番近いスカイバス停はシモンズ・ストリート(Symonds Street、ホテル所在地と同じ通り)の7149番バス停です。

スーパーシャトル

スーパーシャトルは、公共のバスよりも停留所の少ない乗り合い移動サービスです。2人以上の目的地が同じ乗客用の専用シャトルとして予約できます。スーパーシャトルの詳細は、こちらのホームページでご覧いただけます。他の乗客との乗り合いであれば、タクシーよりも安くなります。このような移動手段の利用を希望される場合は、スーパーシャトルの予約を強くお勧めします。到着時に空港で見つかる場合もありますが、保証はありません。

総会参加費

総会参加費にはすべての総会セッションへの出席、総会資料・情報、総会ランチと2度の総会ディナー(11月12日(火)のICMIF主催歓迎レセプションと11月15日(金)のディナーパーティー)が含まれます。同伴者の費用には、ICMIF主催歓迎レセプションとディナーパーティーが含まれます。11月16日(土)の団体ツアーへの参加には追加費用として1人当たり額面30英ポンドをいただきますが、これは参加を保証するためのものであり、返金は不可です。

総会参加費(1人当たり)は英ポンド建てで、以下のとおりです。

料金タイプ
会員団体 2,200.00
ヤングリーダー・プログラム 1,100.00
会員以外 2,750.00
補助対象会員* 500.00
団体ツアー** (11月16日) 30.00
同伴者 250.00

*当料金は、会員団体のグロスの保険料収入が500万米ドル未満の開発途上国からの会員団体に適用されます。

**この返金不可の料金は、参加を保証するとともに連絡なしの欠席を防ぐためのものです。

キャンセルポリシー

2019年9月30日までにキャンセルをお知らせいただけば、総会参加費の90%を返金します。2019年10月1日以降のキャンセルについては、総会参加費全額をお支払いいただきます。

オークランド到着後の総会参加登録

コーディス・ホテル1階のThe Great Room Lower LobbyにICMIF参加登録デスクを設置します。当デスクは総会参加登録のために、11月11日(月)の13時から18時までと、11月12日(火)の8時から18時まで開設されます。ホテル到着時に、(直接または総会アプリで)登録して参加者用パッケージを受け取ってください。遅れて到着する場合は、11月13日(水)(総会1日目)に会議室(The Great Room I および II)近くのプレファンクションエリアにあるICMIFヘルプデスクで当パッケージをお受け取りいただけます。

Register

詳細な情報

ビザ情報

ニュージーランドに飛び立つ前に、お持ちのパスポートの有効期限が出発日から3ヶ月以上先であること、および必要な場合には有効なニュージーランド・ビザを取得済みであるかお確かめください。

以下の場合は、ニュージーランドへの訪問にビザは必要ありません。

  • ニュージーランドまたはオーストラリアの国民であるか、住民である、または
  • 英国の国民、かつ/またはパスポート保持者(最長6ヶ月間滞在可能)である、または
  • ほとんどのEU加盟国の国民であるか、または
  • ビザ免除協定をニュージーランドと締結している国の国民である(最長3ヶ月滞在可能、日本は締結済み)

上記の基準を満たさない場合は、ビザの申請が必要です。

まず最初に参加登録をしていただき、あなたの詳細情報(パスポート上の名前とパスポート番号)をご入力いただく必要があります。 登録が完了し参加費の支払いが済みますと、ビザ用の招待状が送付されます。

バイオセキュリティー

ニュージーランドとその環境を守るために、特定の品目をこの国に持ち込むことはできず、入国に関して制限があり、もしくはバイオセキュリティー・リスクがあると見なされる場合は申告が必要です。これには食物、植物、動物製品、アウトドア・レクリエーション用品が含まれます。ルールに違反すると、罰金を科される場合があります。詳細についてはこちらをご覧ください。

気候

ニュージーランドでは、11月は春の盛りです。日中の平均気温は19℃(華氏66度)です。ニュージーランドでは紫外線が強いため、オークランドを訪問する際は、サングラス、日よけ帽、日焼け止めをご持参いただくことが賢明です。オークランドはニュージーランドでも天候が良い地域で、年間の日照時間は2,060時間です。しかし、雨が降ることもありますので、レインコートや傘をご持参いただくことをお勧めします。

弱くなったサイクロンと寒冷前線の影響により、オークランドの天候が変わりやすくなることがあり、雹(ひょう)が降ることさえあります。オークランドの気候は変わりやすいため、地元の人が「1日に四季を体験できる」ことがあるという天候にお備えください。

総会アプリ

2019年総会の数週間前から、参加者はICMIF総会アプリをダウンロードできるようになります。参加者は当アプリの利用によって、総会の議事次第、講演者、時間割、会場の情報、および必要とされるホテルや現地エリアに関するお役立ち情報がすべて入手できます。当アプリは総会前および開催期間中、参加者とのコミュニケーションに利用される予定です。総会への参加を登録した方は、案内(2019年10月~11月に電子メールで通知予定)を受けましたら当アプリをダウンロードされることを強くお勧めします。

総会ホームページ

2019 ICMIF総会の情報について、専用の総会ホームページで入手できます。総会の議事次第の詳細と講演のラインアップが確定次第、総会ホームページに追加します。時間の経過とともに、ホームページには総会のテーマと議事次第、基調講演者、その他の講演者とパネリスト(各スピーカーのプロフィールを含む)、ホテル、現地エリアおよび総会の時間割などのすべての最新のお役立ち情報が追加されます。総会でのプレゼンテーション資料、写真、ビデオについては、イベント終了後速やかにホームページに掲載されます。

通貨

ニュージーランドの通貨はニュージーランドドル(NZD)です。すべての主要なクレジットカードがニュージーランドで利用でき、ビザとマスターカードが最も広く利用されています。
2018年12月時点の為替レートは1ニュージーランドドルが0.70米ドル、0.54英ポンドです。

ドレスコード(服装)

すべての総会セッションのドレスコードはビジネスカジュアルです。ネクタイは必要ありませんが、ジーンズはお控えください。詳細なガイダンスについては、上段のリンクをご参照ください。ICMIF主催歓迎レセプションの服装はカジュアル(ジーンズも可)です。ディナーパーティーの服装はカジュアル(ジーンズとショートパンツも可)であり、「レガッタ」に参加される場合は現地にて防水服が提供されますが、トレーナーとデッキシューズ(ヒール禁止)をご着用ください。セーリングに参加されない方は、夜のドレスコードはカジュアルです。ソーシャルツアーでは適切な靴、服装、軽量のレインジャケット、帽子を常に着用されることをお勧めします。

電気

ニュージーランドの電化製品は 230/240 ボルト仕様で、2ピンまたは3ピンのプラグ(オーストラリアおよび一部のアジア諸国と同様)を使用します。

夜の自由時間と地元の食事

オークランドのダウンタウンには沢山の素晴らしいカフェ、レストラン、バーがあります。ブリトマートのウォーターフロントにある素敵なダイニングや、フェデラル・ストリートの「有名シェフ」の料理、エリオット・ストリートのエスニック料理などを楽しめます。シティ・ワークス・デポはグルメの天国であり、ニュージーランドならではの美味しいランチと地元のクラフトビールをご賞味ください。ナイトライフを楽しむには、ヴァイアダクト・ハーバー、ブリトマートやウィニャード・クオーターがお勧めで、すべてクイーン・ストリートの徒歩圏内です。カランガハペ(K)・ロードはバーが有名で、ライブ音楽がお好きでしたらトレンディなポンソンビー(ダウンタウンから車で約10分)がお勧めです。
コーディス・ホテルのコンシェルジュが喜んでお手伝いし、お客様の代わりに夕食のご予約をお取りします。他の選択肢については、次のリンクでご覧いただけます(https://www.aucklandnz.com/visit/taste/best-places-to-eat)。

環境への配慮

リーフレットや資料の余分な印刷を避けるために、総会に登録する参加者には、ICMIF総会アプリとホームページ(www.conference2019.org)から、当イベントについての情報にアクセスしていただきますようお願いいたします。また、ICMIFはストラップとパスホルダーを再利用しますので、参加者はイベント終了時にICMIF職員へご返却ください。

健康

ニュージーランドではどの旅行者も予防接種は必要ありません。
公立病院では高水準の治療を提供しています(市民には無料)。ニュージーランドでは、ほとんどの大都市で多少の費用で医療センターをすぐに利用することができます。すべての旅行者に対して、事故補償公社により、ニュージーランド滞在中の事故(バイクの事故やアドベンチャー・アクティビティの事故など)でかかった医療費が保障の対象となります。

現地時間

ニュージーランドは世界で最も早く日付が変わります。ニュージーランドの11月の時刻は、グリニッジ標準時間(GMT)より13時間進んでいます。

地元の交通手段

オークランドのダウンタウン地区はコンパクトで歩いて回れますが、自然の美は市中心部の外側に広がっています。

ATHopカードは、オークランドのプリペイド式交通カードです。市内に数日間滞在する予定であれば、移動にかかる費用を節約できます。
 

  • バスが街の全地域を結んでおり、特に平日は頻繁に運行しています。料金は地域ごとに1 NZドル(またはATHopを使えば0.50 NZドル)かかります。
  • 電車は中央の一部、南部、西部の郊外で運行しています。料金はステージごとに2.50 NZドル(またはATHopを使えば 1.80 NZドル)かかります。
  • フェリーはダウンタウン・オークランド、ノースショア、イースト・オークランド、およびオークランドの島々の間で運航しています。料金は6.20 NZドル(またはATHopを使えば4.50 NZドル)からです。ATHopはすべてのフェリーに使用できるわけではありませんのでご注意ください。
  • スカイバスは、オークランド国際空港から市内まで16 NZドルかかります。エアポートシャトルも利用可能で、料金は最低35 NZドルからです。
治安と安全の確保

ニュージーランドは比較的犯罪率が低く、風土病もほとんどなく、医療システムが整っていて、通常は旅行者にとって非常に安全な場所です。しかしながら、ご自身の安全や持ち物についてはその他の国や自国と同様の注意を払っていただけますようお願いします。

ショッピング

クイーン・ストリートは市内の目抜き通りで、衣料品や電化製品、本、お土産などのすべてが手に入ります。近くのブリトマートにはデザイナーファッションや国際的なブランドショップが軒を連ねています。ここから歩いてデザイナーファッションや最先端の地元のブティックがあるハイ・ストリートとチャンサリィへ行けます。オークランドで一番トレンディな郊外として知られているポンソンビーには、地元や国際的なデザイナーのお店、ブティック、趣向を凝らしたギフトショップや家庭用品のデザイナーショップが沢山あります。
ニューマーケットは国際的ブランドと地元ブランドのお店、目抜き通りのお店など華やかで魅力的なデザイナーショップが並ぶお買い物天国で、なおかつ良いレストランも数多くあります。

チップ

ニュージーランドではレストラン従業員の収入源はチップのみではないため、お支払い時にチップを残すことは義務ではありません。サービスが素晴らしければ、代金の10%を心付けとして残すのは寛大な行為であり、給仕係にはもちろん喜ばれます。ニュージーランドでタクシー運転手にチップを渡すのは一般的ではありません。

言語

総会においては、英語、スペイン語、日本語、フランス語の同時通訳をご提供します。

Denzell House, Dunham Road
Bowdon, Cheshire WA14 4QE
United Kingdom
www.icmif.org