相互扶助の未来

ICMIF総会は、世界中の協同組合/相互扶助の保険組織のリーダーによる最大の集まりです。比類のないネットワークづくりの場であるとともに、このセクターが直面している主要な課題を話し合う場でもあります。

「相互扶助の未来」という会議のテーマに基づき、保険顧客が組織を所有するモデルの将来と、ICMIF会員が持続可能な競争上の優位性をどのように生み出しているかに焦点を当てた議題を展開します。

会議では、協同組合/相互扶助の保険組織のリーダーや各国の外部専門家による、次のようなトピックにかかるパネルディスカッションやプレゼンテーションを予定しています。

11月13日(水)
TIME SESSION
午前8時45分〜10時30分 「相互扶助の未来」
Time greyed out 開会セッション
歓迎の挨拶と開会の辞

ヒルデ・フェルナイレン氏 ICMIF会長、P&Vグループ 経営委員会議長(ベルギー)
ショーン・ターバック氏 ICMIF事務局長
クリス・ブラック氏 FMG社 最高経営責任者(ニュージーランド)
Time greyed out 基調講演
「相互扶助にとっての価値創造の機会」


ロス・ドーソン氏
 フューチャリスト、フューチャー・エクスプロレーション・ネットワーク社 会長(オーストラリア)
Time greyed out 世界が急速に進化し、既存の仕組みや制度が混乱する一方で、驚異的ともいえる新しい可能性が現実のものとなっています。テクノロジーは、顧客との関係の性質を変え、新しいビジネスモデルを可能にしています。今や組織内部よりもむしろエコシステム全体を通じて価値は創出されており、このような変化は、価値・コミュニティへの関与の深さ・持続可能性へのフォーカスといった面で、協同組合/相互扶助組織にとって豊富な機会をもたらしてくれます。変化の先を越し、グローバルなレベルで相互扶助の価値の創造を事業や社会の中心に据えるためには、イノベーションと発展をもたらすパワフルかつ効果的なリーダーシップが求められます。
Time greyed out ICMIF会員団体リーダーによるパネルディスカッション
世界各地のICMIF会員団体のリーダーがパネリストとなり、基調講演の内容をふまえて、感想や意見、課題を話し合います。

メリナ・モリソン氏 オーストラリア協同組合相互扶助組織事業協議会(BCCM)事務局長(オーストラリア)
ヒルデ・フェルナイレン氏 ICMIF会長、P&Vグループ 経営委員会議長(ベルギー)
クリス・ブラック氏 FMG社 最高経営責任者(ニュージーランド)
ジャクリン・バレナ氏 ICISP社 生命保険部門運営担当副社長(フィリピン)
午前11時00分~12時30分 「新たなリスクと脅威:第1部 広範なエコシステムにおける協同組合/相互扶助の保険組織の役割」
Time greyed out 協同組合/相互扶助の保険組織にとって喫緊の課題である、外部との連携構築や広範囲なエコシステムにおけるつながりの管理と活用を通じた新たな社会・経済・環境リスクへの対応について、ICMIF会員団体からのパネリストが論じます。

座長
ジャン・ケレット氏 国連開発計画 外部関係特別アドバイザー

パネリスト
アレハンドロ・シモン氏  サンコール保険グループ最高経営責任者(アル ゼンチン)
リサ・グリエッティ氏 コーポレーターズ社 副社長 兼 損害保険商品企画開発部門 最高執行責任者(カナダ)
ハイメ・アリストトゥル・アリップ博士 CARD MRI 創業者兼代表(フィリピン)
ユルヴァ・ウェッセン氏 フォルクサム・グループ 社長兼最高経営責任者代行(スウェーデン)
午後1時30分~3時 「新たなリスクと脅威:第2部 組織の内部変革」
Time greyed out ICMIF会員団体が、組織内部のシステム変革やあらゆる利害関係者の参加促進、組織全体にイノベーションと持続可能性を根付かせる取り組みにより、社会・経済・環境リスクを管理する方法を明らかにします。

座長
アン・ソンマー氏 レンスフォーシェクリンガー社 会長 (スウェーデン)

講演者
レンゾ・アヴェサーニ氏  ウニポール社 最高革新推進責任者(イタリア)
石戸谷 浩徳氏 代表理事専務 JA共済連(日本)
ローベルト・オットー氏 アクメア社 経営委員会委員(オランダ)
ラース・ハルビスト氏 レンスフォーシェクリンガー社 会長 (スウェーデン)
午後3時30分~5時 「未来を共創する」
Time greyed out ICMIF会員総会
ICMIF会長報告・事務局長報告・総会決議事項の決議
理事会メンバーによるパネルディスカッション

ICMIF理事会メンバーがパネリストとなり、自身の組織と市場が直面する主要課題や、より持続可能な未来の創造に向けてグローバルなつながりを強化するためのビジョンを論じます。

座長
ヒルデ・フェルナイレン氏  ICMIF会長、P&Vグループ 経営委員会議長(ベルギー)

パネリスト
ロブ・ウェセリング氏 コーポレーターズ社 社長兼最高経営責任者(カナダ)
ヘオルヒナ・ディアス・サンチェス氏 ICMIFアメリカ協会会長、SSVMN(全国教職員生命保険組合)ジェネラルマネージャー(コスタリカ)
クリストフ・ランビー氏 R+V保険 経営委員会委員(ドイツ)
柳井 二三夫氏 ICMIFアジア・オセアニア協会会長、JA共済連 代表理事理事長(日本)
11月14日(木)
TIME SESSION
午前9時~10時30分 「主要課題への対応と競争優位の構築」
Time greyed out 外部専門家をゲストに迎え、保険業界における最新の主要動向を論じ、協同組合/相互扶助の保険組織にとっての課題を示します。続くパネルディスカッションでは、ICMIF会員団体のリーダーが発表の内容をふまえながら、協同組合/相互扶助の保険組織の理念に焦点を当てた取り組みが、組合員・利用者に「他とは一味違う保険」を提供し、長期的な競争優位をもたらすことを明らかにします。

座長兼ゲストスピーカー
アンドレア・キーナン氏  AMベスト社 戦略・コミュニケーション担当シニア・マネージングダイレクター(アメリカ)

パネリスト
アンネ・メッテ・トフテゴー氏 LBグループ 最高経営責任者(デンマーク)
マーティン・ストークス氏 MAS社 最高経営責任者(ニュージーランド)
テリーザ・ラスムッセン氏 スライベント社 社長兼最高経営責任者(アメリカ)
午前11時~12時30分 「顧客の視点で考える」
Time greyed out 組合員・利用者との関係を強化し、さらに先端技術を活用した利便性の提供と協同組合/相互扶助組織の事業モデルがもたらす優れたサービスの提供との両立を可能にする機会について、ICMIF会員団体の代表が考察します。

座長
アンドレア・ブラナー氏  FMG社 最高顧客対応責任者(ニュージーランド)

講演者
冨永 紅氏 こくみん共済 coop 常務執行役員(日本)
トイン・アララデ氏 ロイヤル・ロンドン社 グループ戦略マネージャー(イギリス)
ニック・ミンゴ氏 アクセラレーター・リード・アジア(行動経済学) スイス再保険(香港)
午後1時30分~3時 「将来に向けた新たな事業モデル」
Time greyed out デジタル変革の活用、スタートアップ企業やインシュアテック企業との連携、事業の重点を保障と経済的損失の補填から予防と災害に対する強靭化へシフトする取り組みなど、実際にICMIF会員団体で実施された組織改革を紹介します。

座長
ジェイムズ・ケント氏 ウィリス再保険 グローバル最高経営責任者(イギリス)

講演者
ソフィー・ミセリン氏 P&Vグループ 経営委員会委員(ベルギー)
ラウリ・サラステ氏 ローカル・タピオラ社 役員(フィンランド)
ディエゴ・グアイタ氏 サンクリストバル保険 最高経営責任者(アルゼンチン)
午後3時30分~5時 「協同組合/相互扶助の保険組織の敏捷性を高める」
Time greyed out 効率性の改善や変化への対応、そして顧客価値の向上のため、イノベーションを好む組織文化の育成と定着、および組織の敏捷性向上について、ICMIF会員団体の考え方や取り組み方を明らかにします。

座長
デーブ・クロウザー氏 アジャイル・パフォーマンス社 最高経営責任者(英国)

講演者
アンドリュー・オハラ氏  RAC保険 最高経営責任者(オーストラリア)
リズ・キャラロ氏 セキュリアン・フィナンシャル社 デジタル戦略・パートナーシップ担当役員(アメリカ)
マリオ・テルヤ氏 ラ・セグンダ保険グループ コマーシャルディレクター(アルゼンチン)
11月15日(金)
TIME SESSION
午前9時~10時30分 「リーダーシップ:仕事の未来」
Time greyed out 職場の未来について、ICMIF会員団体の代表がパネリストとなり、将来の協同組合/相互扶助の保険組織のリーダー像に与える影響につき、デジタル組織に求められるリーダーシップの違いや、有能人材の確保における新たな課題も含めて考察します。

座長
ポール・ハナ氏 コーポレーターズ社 副社長(組合員関係・企業統治・総務担当)(カナダ)

パネリスト
エマ・トマス氏 アクメア・オーストラリア 最高経営責任者(オーストラリア)
ノエル・ラボイ氏 CLIMBS社 社長兼最高経営責任者(フィリピン)
アヤンダ・セボーニ氏 PPS社 コミュニケーション・ブランド・マーケティング担当責任者(南アフリカ)
エリー・アンダーソン氏 スライベント社 革新推進コンサルタント(アメリカ)
午前11時~12時30分 「リーダーシップ:地域社会の未来」
Time greyed out 保障ギャップの是正、貧困軽減、自然災害リスクに対する強靭化など、世界的に未だ充足されない課題に対処するうえで協同組合/相互扶助の保険組織が果たす役割について関係者が論じます。

座長
フィリップ・ド・ロングヴィル氏 P&Vグループ 経営委員会委員(ベルギー)

ゲストスピーカー
水鳥 真美氏 国連防災機関(UNDRR) 事務総長特別代表(防災担当)

講演者
ダイシ・ロサレス氏 フツーロ保険 ジェネラルマネージャー(エルサルバドル)
グラハム・クラーク氏 アジア・アフィニティー社 最高責任者(香港)
アヒラ・デビ氏 ダーン・ファンデーション(インド) ピープル・ミューチャルズ社最高経営責任者
P. A. キリワンデニヤ博士 サナサ保険会社 会長(スリランカ)
午後1時30分~3時 「相互扶助の未来」
Time greyed out 基調講演
「バック・トゥ・ザ・フューチャー:イノベーションと人とリーダーシップ」

イアン・テイラー氏 アニメーション・リサーチ社(ニュージーランド)創設者

世界の変化のペースが加速するにつれ、組織とそのリーダーにとって将来の予測と計画の立案がますます困難になっています。しかし、2019年「一年で最も活躍したニュージーランド人賞」受賞者のイアン・テイラー氏と、同氏が1989年に設立した企業でグローバルに事業を展開するアニメーション・リサーチ社にとって、成功の核心には常に「変化」がありました。同社は創業30周年を迎えましたが、異なるやり方をするというテイラー氏と同社の信念に変わりはありません。彼は革新的取り組みの新境地を開き続けていますが、事業プランを書いたことがありません。テイラー氏は、社会的目的を伴う革新性と先端技術の重要性を強く信じています。また、変化のスピードは本物であり、過去を知ってこそ将来をより明確に見つめ、異なる世界観を持つことができると考えています。
Time greyed out 閉会セッション
閉会の辞と次回総会開催地の発表

2017年ロンドン総会のハイライト

Denzell House, Dunham Road
Bowdon, Cheshire WA14 4QE
United Kingdom
www.icmif.org